「長く生きる。“DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ー永井敬二コレクションよりー(7/26-11/24)

開催日時 : 2019年11月24日 - 10:00 AM - 9:00 PM
開催場所 : ATELIER MUJI GINZA Gallery1(案内地図)
場所住所 : 東京都中央区銀座3-3-5, 無印良品 銀座6F

参加定員 : 0名
参加料金 : ¥0 ※主催者からのメッセージに金額表記がある場合、そちらの金額になります。

主催者名 : 無印良品 投稿者プロフィール
担当者名 : 生活雑貨部 企画デザイン担当:ATELIER MUJI GINZA
電話番号 : www.muji.com/jp/ateliermuji ※お問い合わせの際は「"オールイベント"を見た」とお伝えください。
受付時間 :


▼ 主催者からのメッセージ

「長く生きる。“DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ー永井敬二コレクションよりー
ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、モダンデザインの歴史上、もっとも長く生産が続けられられている一脚の椅子を原点に、その“DNA”を未来へ繋ぐ50脚を展示いたします。

ものがたりの始まりは、曲木技術によって量産の礎を築いた「トーネット」社の1859年モデル「No14」。 それは、ムダを削ぎ落とした構造とデザイン、ノックダウン式によって輸送コストもミニマムに抑えた、当時大きな驚きをもって迎えられた椅子でした。「No14」は今年、誕生から160年を迎えます。

曲木家具のメーカーは、原材料であるブナが生育する地域に工場を増やし、多数のバリエーションを生みだしながら椅子を量産していきます。さらに1920年代には、「トーネット」社は「バウハウス」との連携によって、マルセル・ブロイヤー、ミース・ファン・デル・ローエらが考案したスティールパイプを曲げた椅子と、曲木に次ぐもう一つの構造革命となるカンティレバー(片持ち構造)チェアの生産にも与しました。二つの曲げの技術は世界的に広まり、日本でもそれらの技術を応用した、独自の椅子の数々が生み出されています。

本展では、椅子が一つの生命体であるとイメージし、曲げの技術から生み出された50脚を通じて、その“DNA”のネットワークの視覚化を試みます。デザインのアーキタイプ(原型)とバリエーション、リミックスや逸脱のモデルが一堂に会す稀な機会でもあります。

脈々と続く椅子の「生命の木が」読めてくると、「新しい」デザインの見え方も変わってくるのではないでしょうか。消費されない、長く生き続ける「もの」の秘密について皆さんとともに考える機会を持てれば幸いです。


▼ 当サイト注意事項

当サイト(オールイベント)でお申込みいただいた有料イベントについては、イベント参加者のための参加費全額保証制度が適用されます。イベント主催者様の掲載リンク先や銀行振込み等でのお申込みについては、適用外となりますのでご了承ください。

アカウントをお持ちの方は、ログインしてからお申込みください。イベント参加のポイントが貯まります。


▼ このイベントの予約フォーム

このイベントはオンライン予約ができません。イベント主催者に直接お問合せください。

このイベントのジャンルは 展覧会・展示会 です。ジャンル一覧は コチラ です。

タグ : STAFF PICKS, 東京都, 無印良品


投稿者 : 無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
プロフィール
0 コメント

メッセージを残す

©2019 ALL EVENT

又は

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

又は

Create Account