『インドの手仕事、文字になる』展 12/20-3/8

開催日時 : 2020年03月08日 - 10:00 AM - 9:00 PM
開催場所 : ATELIER MUJI GINZA(案内地図)
場所住所 : 東京都中央区銀座3-3-5, 無印良品 銀座

参加定員 : 0名
参加料金 : ¥0 ※主催者からのメッセージに金額表記がある場合、そちらの金額になります。

主催者名 : 無印良品 投稿者プロフィール
担当者名 : 生活雑貨部 企画デザイン担当:ATELIER MUJI GINZA
電話番号 : お客様と連絡のとれる連絡先を記載してください。 ※お問い合わせの際は「"オールイベント"を見た」とお伝えください。
受付時間 :


▼ 主催者からのメッセージ

ATELIER MUJI GINZA Gallery2では、「インドの手仕事、文字になる」展を開催いたします。

世界は、文字であふれています。今日のデジタル社会において、文字の重要性はさらに高まりました。表現したい、伝えたい、残したい、わかり合いたい。文字は、私たち人類にとって豊かな表情や物語、美しさを備えた道具であり糧です。

本展では、地域固有の文化とイノベーションが融合し、社会に新しい価値を生み出すデザインについて、インドにおける文字をめぐる挑戦を紹介します。

インドのデザイナーが2011年に立ち上げたプロジェクト「The Typecraft Initiative (タイプクラフト構想)」は、デザイナーとインド各地の工芸や民俗芸術の職人がワークショップ形式で、独自の英文書体を共同制作しています。地域の生活に根ざした入れ墨、刺繍、陶芸、絵画など幅広い分野の職人たちと、時間をかけてその特性や個性に合わせたワークショップを実施。最終的にはインド全29州、それぞれ異なる書体の完成を目指しています。そして、その書体をデジタルフォントとして製品化することで、デザインの可能性や職人である女性たちの新たな職域を広げる取り組みです。それは、近代化の波に消えゆくインドの手仕事を、未来につなげる活動にも通じています。

さまざまな魅力と背景を持つインド各地の文化が文字になる、この壮大なプロジェクト。女性たち職人の手仕事から生まれる文字は、今日もインドの暮らしの中で育まれています。

■基本情報
『インドの手仕事、文字になる』展
会期|2019年12月20日(金)― 2020年3月8日(日)
時間|10:00-21:00 ※店舗休館の場合は、それに準じます。
主催|無印良品
企画協力|タイプクラフト構想
協力|福岡アジア美術館
グラフィックデザイン|大日本タイポ組合
施工|bibariki
企画・運営|株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン担当・無印良品 銀座 ATELIER MUJI GINZA
会場|無印良品 銀座6F ATELIER MUJI GINZA Gallery2(入場無料)
所在地|〒 104-0061東京都中央区銀座 3-3-5無印良品 銀座6F


▼ 当サイト注意事項

当サイト(オールイベント)でお申込みいただいた有料イベントについては、イベント参加者のための参加費全額保証制度が適用されます。イベント主催者様の掲載リンク先や銀行振込み等でのお申込みについては、適用外となりますのでご了承ください。

アカウントをお持ちの方は、ログインしてからお申込みください。イベント参加のポイントが貯まります。


▼ このイベントの予約フォーム

このイベントはオンライン予約ができません。イベント主催者に直接お問合せください。

このイベントのジャンルは 展覧会・展示会 です。ジャンル一覧は コチラ です。

タグ : ATELIER MUJI, デザイン, 東京都


投稿者 : 無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
プロフィール
0 コメント

メッセージを残す

©2020 ALL EVENT

又は

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

又は

Create Account