プロフィール
名前

The Ugly Side of Best Screen Recorder

自己紹介

Perhaps you have made a decision to attempt screencasting for the first time? Or are you a proficient user and need to improve your experience with a tool? Here we have researched and contrasted the 10 best screen recording program for Windows (both paid and free ) to help you find an perfect fit for your unique needs.

Acquiring the activity on your computer’s screen and converting it into a movie document is the chief function of Camtasia. You can opt to record your whole screen, a particular region, window or application. Furthermore, Camtasia could record your own face using your pc webcam. The program records your computer’s sound as well from a mike. Basically , you have the capacity to capture everything that happens to perhaps even video games and streams: from software on your pc. You can even record VoIP calls. If you have any concerns pertaining to exactly where and how to use Screen Recorder Program For Windows 8, you can speak to us at the web-site. Camtasia is a powerful video editing application available for both Windows and macOS. It provides an impressive amount of control over the videos also supports a variety of media formats that are popular you create, while still being simple to use. TechSmith (the manufacturer of Camtasia) even offers a totally free mobile app for Android and iOS that makes it effortless to transfer media from the gadget for use in Camtasia. As soon as you’re finished editing, then you can leave and share your video files to Youtube, Vimeo, Google Drive and Screencast.com from inside the program.

Bandicam Details

That leaves us with plenty of alternatives out there in the market that we are able to effectively use. The great news here is that now, we’re currently reviewing what is one of the best screen recording programs. In case you are wondering, I am talking about Bandicam Screen Recorder — it has come to be the software I use over every thing, and I have been using it for a while. I am going to be reviewing it, why it has become a sensation on the marketplace that is already overcrowded by many choices, and explaining to you.

Icecream Screen Recorder isalso, as the title suggest, a tool that may be used to capture pieces of the screen. But there are tools similar to this, so what is important is how easy it is to use, and exactly what features it has. What I really like about Icecream Screen Recorder is it is very easy to get started and also in the free version, it delivers some great options in comparison to other tools I’ve tested (I will explain more about the free versus paid variation later in this article).

OBS Studio 2019 Review

OBS Studio can broadcast your game flows to platforms like YouTube and Twitch, and OBS can be employed for creating screencasts. It is a application that is powerful, but it is probably overkill for anyone who needs a quick and effortless game capture solution. OBS works best if you’ve got a multiscreen setup where it’s possible to observe OBS on a single screen and play your sport though that is not a requirement. Unlike the other apps, OBS does not throw up an in-game overlay. On the contrary, it does its own work in the desktop. You’ll also need to tell OBS to begin recording or streaming just until you flame it up or once your game is currently running.
Debut Screen Recording Software
In our overview of the best screen-recording applications, Debut Video Capture made an impressive showing. It’s user friendly and offers every recording tool we all look for a few applications not found in some of the programs in our inspection. Apart from recording video, it’s simple to record the sound you want. It is possible to select a microphone as the input to offer narration to your speakers, video to record whatever music is currently streaming on your computer and mouse clicks to accentuate your own clicks. These can alter from the screen of the application.

©2020 ALL EVENT

又は

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

又は

アカウント作成

利用規約

All Eventのウェブサイト(以下、「本サイト」といいます)を通じて、イベント情報をご登録・ご購入いただく際の利用規約を記してあります。下記利用規約をご了承のうえ、本サイトをご利用ください。

第1条(本規約について)

1. 本サイトのイベントの販売委託及び購入に関しての基本規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社スエーニョ(以下「当社」といいます)が提供するチケット(会員が主催する公演・イベント等へ入場・参加等するための電子チケットをいいます)の販売頒布・購入に係るサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件等を定めることを目的とします。

2. 本サービスを利用する場合には、当社所定の登録手続を行うことが必要となります。当該登録を行い会員資格取得し、本サービスを利用することにより、本規約に同意したものとみなされます。

3. 本規約は、個別契約(本規約に基づき個々の公演・イベント等について成立するチケット販売委託契約及び、販売・購入に係る売買契約をいいます)に共通して適用されるものとします。本規約と個別契約が抵触する場合には、個別契約において特に本規約を変更する旨明示して合意した場合を除き、本規約が優先します。会員は、個別契約の申込みその他本サービスの利用を行う場合、本サービスを提供するWebサイト上に表示する本規約の変更内容等について、都度確認を行うものとします。

4. 本規約には、個別契約、その他附帯する規則・規約・ガイドライン等が含まれるものとします。

 

第2条(本サービス)

1. 当社は、本規約及び個別契約に基づき、イベントを主催する会員の委託を受けて、当社所定の決済方法を利用して、チケットを購入者に対して販売する業務を行います(無償頒布の場合を含みます。以下同じ)。また、会員である主催者(当該公演・イベント等につきチケットを発行・販売する正当な権限を有する者を含みます。以下同じ)より委託を受けて、当社所定の決済方法を利用して、公演・イベント等に関するチケットを、別途定める価格(手数料が含まれる場合があります。以下同じ)にて、お客様に対して販売するサービスを行います。チケット及び決済方法の仕様・販売態様等その他本サービスの詳細については、別途当社が定めるものとします。

2. 当社が受託する業務は、本規約に明示的に定めるチケットの販売業務に限定されるものとし、公演・イベント等の説明・広告宣伝、チケット販売後の一切の事由その他公演・イベント等に関するその余の一切の事項については、会員である主催者の責任において行うものとします。

 

第3条(本サービスの手数料、精算)

1. 当社が本規約及び個別契約に基づき、会員の委託を受けて、チケットの販売業務を行う場合、会員は、別途定める、本サービスの利用に係る返還不能の手数料(以下「手数料等」といい、契約料・システム利用料等の名目を問いません)を支払うものとします。

2. チケットの購入者に対する、チケット代金等の請求その他一切の折衝は会員がこれを行うものとし、当社は、購入者に対して、チケットの内容の説明、払込票・請求書・領収書等の発行、入金の催促その他交渉・折衝等は行わないものとします。

3. 当社は、当社が受託したチケットの販売に係る精算処理を、原則、以下のとおり、各公演・イベント等の終了日後、5日締めにて15日に支払い期日の金額、20日締めにて末日支払い期日の金額を会員である主催者のペイパル口座に支払うものとします。

① 当社は会員である主催者に対し、各興行終了後、速やかに、当該興行のチケットの販売代金総額から手数料を支払います。手数料は、わかりやすくチケット販売額のパーセントポイント制です。販売チケット代金から手数料を控除した金額(清算金)を、イベント主催者様のペイパルアカウント口座にイベント終了後に支払うものとします。興行終了日から毎月5日までに終了したイベントは10日までに支払い金額の確認メールを送り、その金額を15日に、20日までに終了したイベントは25日までに支払い金額の確認メールを送り、その金額を末日までに、予め指定された会員のペイパル口座に送金して支払います。

② ペイパル口座入金の受取手数料については、ペイパルシステムに則り、会員の負担となります。

4. 事由の如何を問わず、会員である主催者から当社に対して支払われた手数料等(次条に定めるものを含む)について、当社は、これを払い戻す義務を一切負わないものとします。

 

第4条(公演・イベント等の提供義務、払戻等)

1. 会員である主催者は、チケットの購入者に対して、公演・イベント等を開催し、提供する義務を負います。公演・イベント等の中止等により、チケットの払戻しが決定した場合、払戻しに係る一切の責任は、会員である主催者にのみ発生します。

2. 公演・イベント等の中止・延期・内容変更によるいかなる苦情等も、会員である主催者の責任と費用により解決するものとし、万一当社に損害が生じた場合、会員である主催者は当該損害(合理的な弁護士費用、当社従業員等の事務負担分の労務費用を含みます)を賠償しなければならないものとします。

3. 会員である主催者が当社に対し、払戻し業務を委託する場合、会員である主催者は、当社に対し、別途定める手数料・振込手数料その他必要となる費用を支払うものとします。

4. 会員である主催者は、払戻し概算額(払戻し業務により発生し得る、前項に定める手数料その他費用等の合計額(最大))を、払戻し業務開始の前日までに当社の指定する口座に振り込むものとします。なお、当社は払戻し業務終了後、各概算額を精算し、余剰が発生した場合は、当該余剰金を会員である主催者に返還するものとします。

 

第5条(チケット販売について)

1. 会員であるお客様は、公演・イベント等に係るチケットの購入について、当社所定の方法によりお申込みいただくものとします。当該申込みを当社が受領し、サイト上で決済手続が完了した時点をもって、チケットの売買契約が成立するものとします。

2. 会員であるお客様のご希望で購入決定されたチケットは、理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。なお、当社で購入されたチケットはクーリングオフ対象外です。

3. 当社は、本サービスにおけるクレジットカード決済等決済手段の利用に関し、購入枚数、支払金額、回数等について制限する場合があり、会員であるお客様はこれを予め了承するものとします。

4. 当社は、次の各号に定める事由が発生した場合、会員であるお客様が利用するクレジットカード会社にお客様の情報を提供して、決済状況・本人性等について照会することができるものとします。

① 取引金額、取引状況等について疑義があるとき

② 事件、事故が発生したとき又はそれらが発生する可能性があるとき

5. 当社は、本サービスを利用して発行されたチケットに関し、当該チケットの販売情報・公演情報等について、一切責任を負いません。なお、本サービスを利用して発行されるチケットにかかるイベント等の内容変更、中止若しくは延期、お客様からの疑義・クレーム対応、主催者がWeb上に提供した情報の誤り等が生じた際のお客様への情報提供、払戻手続等は、主催者において直接行うものとし、当社は一切責任を負いません。ただし、当社は、主催者の依頼に基づき払戻し業務の全部又は一部を代行する事があります。その場合における、払戻しの申し出期間、払戻しの範囲その他の事項は、別途定めるものとします。なお、お客様が所定の期間内における払戻しに必要な手続を怠った場合は、返金ができない場合があります。

6.  会員であるお客様が、チケット代金の払戻しを請求するときその他チケットに関して何らかの異議を述べるときは、主催者に対して直接これを行うものとします。

7.  会員であるお客様は、以下のいずれにも該当しないことを保証するものとします。お客様が以下のいずれかに該当する場合又はそのおそれがある場合、当社は、チケットの販売を行わず、また売買契約を解除する場合があり、お客様はあらかじめこれを承諾するものとします。

① 本人確認等ができない場合、又は連絡が取れない場合

② 会員であるお客様が、本規約に違反したことがある場合、本規約に違反した場合、又は本規約に違反するおそれがあると当社が判断する場合

③ 申込み内容等に事実に反する記載があった場合

④ 会員であるお客様が未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、登録手続きが成年後見人によって行われておらず、または登録手続きの際に、法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかった場合

⑤ 当社が別途定める登録要件を満たさない場合

⑥ 正常な決済が行われない場合その他決済に関して疑義が生じる場合

⑦ その他当社が不適当と判断した場合

⑧ 前項の場合、当社は、お客様に対して、その理由等を開示する義務を負わないものとします。

 

第6条(会員登録)

1. 本サービスの利用を希望する者(以下「申込者」といいます)は、本規約に同意の上、当社所定の会員登録手続を行うものとします。当該手続に沿って入力された申込み内容につき、入力されたメールアドレスに登録完了通知を配信することにより当社の承諾の意思表示とします。

2. 申込者が次のいずれかに該当する場合又はそのおそれがある場合、当社の判断によって会員登録を承諾しないことがあります。また、会員登録の前後を問わず、当社は、会員が以下のいずれかに該当する場合又はそのおそれがある場合、会員登録の解除・サービス提供の中断等必要な措置を取ることがあります。

① 申込者(会員を含む。以下同じ)が存在しない場合、本人確認等ができない場合、又は連絡が取れない場合

② 申込者が、本規約に違反したことがある場合、本規約に違反した場合、又は本規約に違反するおそれがあると当社が判断する場合

③ 申込み内容又は登録情報に事実に反する記載があった場合

④ 申込者が未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、登録手続きが成年後見人によって行われておらず、または登録手続きの際に、法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかった場合

⑤ 当社が別途定める登録要件を満たさない場合

⑥ その他当社が不適当と判断した場合

3. 前項の場合、当社は、会員に対して、その理由等を開示する義務を負わないものとします。

 

第7条(会員の義務)

1. 会員は、IDおよびパスワード等について、自己の責任の下で管理を行うものとします。当社は、ログイン時に入力されたIDおよびパスワード等が、登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ログインを真正な会員のログインとみなし、会員による利用とみなします。会員は、ID・パスワードが盗まれたり、第三者に不正に使用されていたりすることを知った場合には、直ちに当社にその旨を通知しなければならず、これに対し、当社から指示があった場合にはこれに従うものとします。

2. 会員である主催者は、会員登録時及び本サービス利用時に、会員の情報として氏名、住所、電話番号、メールアドレス、振込先ペイパル口座、公演・イベント等の日時・場所・内容・説明、チケットの表示内容、販売期間、主催者情報等当社の定める事項を正確に登録・入力する義務を負います。また、当社は、会員に対し、これらの情報及び公演・イベント等に関する情報や主催者の情報(登記簿謄本、免許証など)その他当社が必要と判断する情報の提示を求める権限を有するものとし、会員はこれに応じるものとします。

3. 会員は、前項に定める届け出た情報(以下「届出情報」といいます)に変更があった場合、すみやかに当社の定める手続きにより当社に届け出るものとします。この届出がない場合、当社は届出情報の変更がないものとして取り扱います。会員からの届出情報の変更の届出がないために、当社からの通知等が遅延し、または不着となった場合、当社はその責任を負わないものとします。

4. 会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、利用可能な状態に置くものとします。また、本サービスの利用に際し、自己の費用と責任において、会員が任意に選択する、電気通信サービスまたは電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。会員は、自己の利用環境に応じ、必要となるコンピュータ・ウィルスの感染防止措置、不正アクセスおよび情報漏洩の防止措置等セキュリティを保持するものとします。

5. 会員は、本サービスの利用にあたって、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

① 法令に違反し、又は違反するおそれのある行為。

② 当社又は第三者の財産権、著作権、商標権等の知的財産権、プライバシー権、肖像権その他の権利や営業・業務等を侵害・妨害等し、又は侵害・妨害等するおそれのある行為。

③ 当社又は第三者を誹謗中傷し、その他当社又は第三者の名誉、信用等を毀損する行為。

④ わいせつ等、公序良俗に反する又はそのおそれのある行為。

⑤ 会員が販売する権利を有さないチケット、架空のイベントにかかるチケット、有効に利用できないチケット、その他購入者に損害を与えるおそれのあるチケットの発行行為(無償の場合を含む)。

⑥ チケットについて事実に反する情報を表示する行為、その他事実に反する情報の入力等。

⑦ 転売その他本サービスの目的に合致しない目的に基づくチケットの発行。

⑧ 他人になりすます行為、その他主催者の本人確認ができない態様によるチケットの発行行為。

⑨ 同時に複数の会員登録をし、又はしようとする行為。

⑩ 消費者に、当社の定める規約等に反する行為を行わせる行為。

⑪ システムへの不正アクセスその他当社による本サービスの円滑な運営を妨げる行為。

⑫ 自動入力等を行うソフトウェアの使用その他当社が不当と認めた方法による本サービスの利用。

⑬ イベントの主催者、口座、申込者その他公演・イベントに関する事項について齟齬が生じる等、合理的な確認が困難なチケットの発行行為。

⑭ 全各号に定めるもののほか、本規約に反する行為及び当社が不適切と判断する行為。

6. 当社は、公演・イベント等(付随する宣伝広告等を含む)が前項各号のいずれかに該当する場合又はそのおそれがあると判断する場合、チケットの発売前後等の時期にかかわらず、チケットの販売受託の拒絶、当該公演・イベント等の表示の停止、販売のキャンセルその他必要な措置を行うことがあります。また、当社は当該措置の理由について会員に対して通知を行う義務を負いません。会員は、当社からチケットの販売委託の拒絶その他本項に定める措置を受けた場合に、当社に対して損害賠償請求等を行い得ないことについて、あらかじめ了承します。

 

第8条(個人情報)

1. 会員である主催者が、本サービスにおけるチケットの販売時に購入者の個人情報を取得する場合、個人情報の保護に関する法律上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取扱事業者としての義務等を遵守しなければならないものとします。

2. 会員である主催者が、チケットの販売時において、購入者との間で別途合意を行う場合、会員である主催者は、自己の費用と責任においてこれを行うものとし、当社は、当該合意について、何ら関与を行わないものとします。会員である主催者は、本規約と矛盾・抵触等する合意を購入者との間で結ぶことはできないものとします。

3. 会員であるお客様は、当社が本規約に定める利用目的のために、お客様の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの情報(以下、これらを総称して「個人情報」といいます)を、記録することに同意するものとします。

4. 当社は、会員であるお客様より受領した個人情報を、下記の目的に利用します。

① チケットの売買・発行等を含む当社のサービスの提供等

② 第1項に定めるサービスに付随するサービスの案内・提供等

③ 当社又は当社の指定する第三者の情報・商品・サービス等に係る宣伝広告その他情報の提供

④ 会員である主催者による公演・イベント等の変更・中止の案内やチケット提示の際の本人確認および主催者が提供する公演・商品・サービスの案内などを行う目的で、個人情報を主催者へ提供すること

5. お客様は、当社が、会員である主催者に対し、第1項に定める個人情報の一部(氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなど)を、主催者に提供することにあらかじめ同意するものとします。なお、チケットを提供した主催者が、その主催者のチケットを買ったお客様に対し、公演中止または変更連絡、および、その主催者が行うサービスや商品に関連する情報を郵便、電話、電子メール等でお客様に提供する場合があります。

6. 第3項に定める主催者に提供される情報を含め、主催者にて取得する個人情報については、主催者の任意の裁量と責任において取得されるものであり、お客様は、主催者の定める個人情報に係る利用目的・条件その他の事項に同意の上、提供するものとします。

7. 当社が保管するお客様からの個人情報の内容確認・訂正・消去等の依頼に対して、当社は本人確認をさせていただいたうえで、所定の手続に基づき、これを実行するものとします。 詳しくは、個人情報のお取扱いをご覧ください。

 

第9条(保証)

会員は、以下の各事項が真実であることを表明し当社に対して保証します。

1. 本サービスの申込者が社団・団体等の場合、実際に申込手続を行った者が、申込時及び本規約の有効期間中その代表権限を有すること。または、代表者に変更があった場合には、ただちに当社に届け出ること。

2. 本サービスの申込・利用にあたって記載した事項及び会員が当社に提出した資料はすべて真実であること。

3. 会員が本規約に規定する禁止事項を行わないことその他本規約に違反する行為を行わないこと。

4. 会員が個別契約に基づき当社に販売委託を行うチケットの対象とするすべての公演を会員が主催し、会員がチケットの販売委託を当社に対して行う権限を有していること。

5. 当社からチケットを購入した購入者が、当該チケットに基づく入場・参加等に係る権限を支障なく行使できること。

6. 自ら(役員その他事実上経営に参加している者も含む)が暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力団、その他の反社会勢力(以下「反社会勢力」という)ではなく、かつ過去にもそうでなかったこと、あるいは反社会勢力との取引等なんらの関わりもないこと、かつ過去にもなかったこと。

7. 刑罰法規その他法令に違反する行為及びそのおそれのある行為、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求、その他の反社会的活動を行わないこと、またはそれらを過去にも行っていないこと。

 

第10条(サービスの提供の中断)

1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。

① 本サービスを提供するための通信設備等の定期的な保守点検を行う場合または点検を緊急に行う場合。

② 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。

③ 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。

④ 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。

⑤ その他、運用上または技術上、当社が本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合。

2. 当社が必要と判断した場合、当社は、事前に会員に対して通知することなくいつでも本サイトの全部又は一部につき、仕様・内容等を変更し、また、提供を停止もしくは中止することができるものとします。

3. 当社は、前項及び前々項各号のいずれかの事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延もしくは中断が発生しても、これに起因する会員または第三者が被った損害に関し、一切の責任を負わないものとします。

 

第11条(保証、免責等)

1. 当社は本サービスにおいて提供する役務等につき、その完全性、迅速性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、確実性等につき、いかなる保証も行わないものとします。

2. 当社が本サービスを提供するにあたり会員に生じたデータ、プログラムその他無体財産に対する損害、逸失利益、間接損害、特別損害、信用損害等について、当社は予見可能性の有無を問わず一切賠償責任を負わないものとします。

3. 本規約に関して生じる当社の会員に対する損害賠償額の上限は、当社の帰責事由の認められる公演・イベント等につき当社が受領した手数料の総額の1/2を上限とします。

4. 当社が本規約に基づき会員に対して負う責任は、法律上の瑕疵担保責任、債務不履行責任等を問わず、前各項の範囲に限られるものとします。

5. サービスに関する当社のお客様に対する損害賠償責任は、故意または重過失による場合を除き、直接的かつ通常の損害の賠償に限られ、また、販売したチケットにつきお客様から支払われた金額を限度とします。本項は、本サービスに関する当社の損害賠償責任の全てを規定したものとします。

 

第12条(退会、終了後の取扱)

1. 会員は、当社所定の手続を経て、本サービスの会員の地位を停止(以下「退会」といいます)させることができます。

2. 本規約の終了後といえども、本規約の終了時に有効に成立している個別契約が存在する場合には、当該個別契約に適用される限度において、本規約の効力は存続します。

3. 事由の如何を問わず、本規約の終了時において、当社は、当社が会員に対して有する債権を会員への支払額と対等額にて相殺することができるものとします。

4. 本規約の解除後、当社は会員の登録した内容について、当社が必要であると考える一定期間経過後、消去するものとします。

5. 事由の如何にかかわらず、本規約の終了後といえども、第2条2項、第3条4項、第4条、第6条3項、第9条、第10条2項3項、第11条、本条2項ないし4項、第13条、第14条、第16条ないし第18条は有効とします。

 

第13条(損害賠償)

会員は、会員が本規約(附帯する個別契約、規則、規約、ガイドライン等を含みます)及び法令の定めに違反したことにより、当社及び第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当社が第三者から請求、訴えの提起等を受け、当社が損害を被った場合には、その損害(合理的な弁護士費用を含む)を補償するものとします。

 

第14条(権利の譲渡禁止)

会員は、当社の事前の書面による承諾なしに、本規約に基づく一切の権利および義務を第三者に譲渡、担保提供し、または承継(法律上当然に承継する場合を除く)させてはならないものとします。

 

第15条(規約の変更)

1. 当社は、会員の事前の承諾無く本規約の内容を変更することができるものとします。変更後の本規約は本規約を構成するものとします。

2. 当社は、本規約の内容を変更したときは、速やかに本サービスを提供するWebサイトにその旨及び変更の内容を表示します。当該表示により本規約の変更内容について、会員に通知されたものとみなされます。

3. 前2項に基づき当社が本規約の内容を変更し、これを当該Webサイトに表示した後に会員が本サービスを利用したとき又は表示後2週間が経過した場合、会員は、当該規約の変更を承諾したものとみなします。

4. 会員は、本サービスの会員登録につき退会することにより、本規約に同意しないことを選択し得るものとします。

 

第16条(機密保持)

1. 当事者は、本規約及び個別契約の履行より知り得た相手方の営業上の機密やその他の機密を第三者に漏洩又は公開してはならないものとします。

2. 前項の定めは本規約終了後もその効力を失わないものとします。

 

第17条(準拠法)

本サービスに関する権利の行使、義務の履行及び本規約の解釈については、日本法が適用されるものとします。

 

第18条(管轄裁判所)

本サービスに関して会員と当社との間に紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

2013年8月25日制定

2016年12月1日改訂

以上